インドで新型コロナワクチン打ってみた

インドのコロナの状況

皆さんご無沙汰しております💦
またまた更新が開いてしまいましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

私はまだインドデリーにいます!
おそらく報道などでもご存知のようにインドは3月中旬ごろまでコロナウイルスの新規の感染者数がかなり抑えられていたのですが、4月から感染再爆発をおこしてしまい非常に厳しい状況になってしまいました。

しかし、多くの州で厳しいロックダウンの措置をとったことで、現在は一時期のピークよりも少し減少してきている様子です。
私の住むデリー州だけで見るとピーク時は1日の新規感染者数が2万人を超えていたのですが、昨日5月19日の新規感染者数は3874人とかなり減少傾向に転じています。
まだまだ油断は許さないものの、陽性率自体も下がって来ています。

 

さてそんな中で、昨日インドで新型コロナウイルスワクチンを受けてきました💉

彩花
彩花

実はインドは今18歳以上のすべての人がワクチンを受けられるんです!

今回はインドでコロナウイルスワクチン1回目を打った様子・感想をまとめてみたいと思います。

 

※注意:私はウイルス学や免疫学の専門家ではありません。ここに書いている情報はあくまでも私の住むデリー、サウスデリーの情報で、私の場合の様子・感想です。
きちんとした情報は自分で一次情報をチェックして手に入れることをオスメメします!

 

 

インドのワクチン事情に関して

インドは今年2021年1月16日よりワクチン接種を開始。
始めは医療従事者や高齢者が対象、その後4月1日には対象年齢を45歳以上に拡大。

さらに今月5月1日より18歳以上のすべての人が接種対象となりました!

 

彩花
彩花

そのため私の周りのインド在住日本人も対象年齢の方は4月から続々と1回目の接種を完了していた印象でした!

インドではイギリスのアストラゼネカ社が開発したベクターワクチンCovishieldと、インド国内の製薬会社バラート・バイオテック社が開発した不活化ワクチンCovaxinの2種類が1月より接種開始されています。

また4月13日にロシア製のベクターワクチンSputnik Vの緊急使用の許可が下り、インドの中南部の都市ハイデラバードを中心に接種が進められています。(デリーではまだ受けられるとこは見たことないです)

残念ながら日本で接種が進められているアメリカのファイザーやモデルナ社などのmRNAワクチンはインドではまだ展開されていません。

 

彩花
彩花

私個人的にはmRNAワクチンを打ちたかったけど、致し方なし。

ちなみに4月ごろまではワクチンの種類は選べない状態でしたが、5月1日に対象年齢を拡大してから予約サイトでは自分でワクチンの種類を選べるようになりました。

また、現在は無料接種の枠と有料接種の枠があり、こちらも自身でどちらか選んで受けられる状態になっています。

👆インドワクチン予約システムCOWINの画面

対象年齢が拡大したことによってまだ接種できていない45歳以上の人が予約が取れないということのないように、45歳以上の予約枠と18歳以上の予約枠は分かれています🙌

 

 

 

ワクチン予約の方法と予約必勝法

インドのワクチン予約は基本的にオンラインでの予約になっています。

COWINと呼ばれるワクチン予約サイトか、コロナ対策アプリArogyaSetuを利用して予約が可能です。

予約に関しては、今月にワクチン予約枠を一気に18歳以上まで拡大したことにより、18歳以上の枠を現在取得するのは正直なかなか大変です。
人気アーティストのコンサートチケット争奪戦のような感じで、病院が翌日の予約枠を開放すると一気に埋まってしまいます。

 

しかしそんな最中、自身のワクチン予約だけではなく友人のワクチン予約まで引き受け、見事予約取得できている猛者がインド在住ツイッター界にいらっしゃいました!!

 

彩花
彩花

何が彼をここまで搔き立てるのかわかりませんが(笑)、とにかく私が知る中で現在インドのワクチン予約にここまで長けている人はいないと思います!!

 

結論から申し上げると、私は見事彼の手を借りてワクチン予約を獲得することができました!!

 

唐揚げさんありがとうございます🙏
もし現在インドでワクチン予約に困っている方は上記の方法を試してみることをオススメします。

 

 

実際にワクチン接種してみた時の様子と感想

無事予約が取れたので翌日朝に早速接種会場である病院に向かいました!

感染対策のためインドのユニ・チャームさんが販売している不織布製マスクの上に、ユニクロさんが販売しているエアリズムマスクを装着し二重マスク&飛沫が飛んできても裸眼よりは目に入らなさそうなメガネで出発!

 

私は有料枠を予約したので、接種会場は私立病院でとても綺麗でした。

まず外の受付でオンライン予約完了時に取得したAppointment Detailsをみせます(出力した紙でもスマホ画面でも大丈夫!)

その後病院内へ!中でまず会計レーンに並びお会計です。
この時IDを見せる必要があるのでパスポートやPANカード、Aadhaar card等自分が予約時に設定したIDを忘れずに!

私は有料枠のコビシールドなので900Rs(日本円で約1350円程)でした!
※有料枠でも地域や病院、ワクチンの種類によって値段は変わります。

 

会計を終わらせたら領収書をもらい指定された階まで上がって、そこで領収書とIDを再度提示。
5分ほど椅子に掛けて待っていたら、すぐにワクチン接種の部屋に案内されました!

 

 

看護師さん
看護師さん

リラックスして―!

ぷすっ!

看護師さん
看護師さん

ハイ終わり!この後上の階で20分くらい休んでから帰ってね。
あと熱が出たりしんどくなったらパラセタモール(解熱鎮痛剤)飲んでね。
1週間はお酒飲んじゃダメです!

 

正直筋肉注射初めてだったので痛いかな?と少し不安でしたが私の場合は全然痛くなく、一瞬で終わりました!!

 

この病院では上の階のカフェテリアを接種後の待機場所にしており、接種が終わった皆さんそれぞれ間隔をあけて配置された椅子に掛けて待っていました。

30分ほど経過したので私も無事問題なしと判断し帰宅することに!!

 

 

 

ワクチン接種後の様子と感想

彩花
彩花

ワクチン接種で皆さんが心配されているのは副反応だと思います。
今回はあくまで私の場合は!ということで様子と感想をシェアします🙌

🔸接種後直後当日の様子🔸

・接種後は30分ほど別室で待機。
・その後は普通に歩いて買い物して帰宅
・接種直後は打った所が少しチクチク痛むなーと思ったけど、その後ほぼ痛みなし。
・実は朝起きた時点で熱を測っていて、起きた直後が36.3℃。接種後帰宅しご飯食べた直後が36.7℃。おそらく平熱の範囲

 

 

🔸接種後8時間ほど経過🔸

・特に熱、怠さ等なし。
・腕も意識しなければ全く痛みなし。
・同じくコビシールドを接種した人の話を聞くと、接種直後よりも20時間程経過した翌日に熱が出たり、体の倦怠感があったりするらしい。
・周りの方のアドバイスに従い、念のため明日熱が出ても大丈夫なように解熱鎮痛剤であるパラセタモールを薬局に買いにいく。20錠で40ルピー(60円)。インドは薬が安い!!

 

 

🔸接種後18時間ほど経過🔸

・朝の3時頃に喉が渇いたなーと思い目覚める。(←普段はあんまこういうことない)
・なんとなしに体温を測ってみると37.1℃。あれ?もしかして副反応?
・しかし体感的には熱っぽさや怠さは一切なし!
・腕は動かしたり、押さえたりすると少し痛みがあるくらいで日中と同じ感じ。
・眠れなくなったのでゴロゴロネットサーフィン。

 

 

🔸接種後22時間ほど経過🔸

・5時ごろにまた眠くなり就寝。8時ごろ起床
・熱を測ったら36.6℃🌡。あ!平熱にさがった!
・引き続き体も全くしんどさや熱っぽさもなし。
・腕も動かしたりすると突っ張る感じはあるが意識しなければ痛みなし!!
・私の場合副反応ほぼなかった…ってことでいい??

 

 

 

ワクチン接種後、私の場合の様子まとめ

・現在で接種後34時間経過!相も変わらず元気!
・私の場合は副反応ほぼなかった。
・体温だけでいうと朝方37.1℃まで上がったが体感は全く熱っぽさや怠さなし。
・腕は動かすと少し突っ張る感じはあるがほぼ痛みなし。
・とりあえずこの1年コロナにも罹らず、ワクチン打っても丈夫な体に生んでくれた母に感謝を送る

 

追記!!

 

最後に・・・

彩花
彩花

ということで私の場合はほぼ副反応もなく、今日も元気に家に籠っていました!!体が元気って素晴らしい🙌

ただしこれはあくまでも私の場合です!
周りの話を聞くと日本人・インド人問わず熱が出てたり、怠くなったりしている人が多い印象です!そのため薬や熱さまシート等の準備はしたほうがいいと思います。
また、体調が元々良い日に接種する。その後きちんと休めるスケジュールにしとくのが大事かなと思います。

 

最後に・・・
ワクチン接種は各個人の任意に委ねられます。
この記事を「だからワクチンをみんな打とうよ!」という意味で書いた訳ではありません。

ただ私個人としては、今インドに住んでいてコロナに罹って重篤化するリスクと、ワクチンを打ってかかるかもしれないリスクを比較した時に、ワクチンを受けたほうがリスクが少なくメリットがあるのではないかと考えたからこそ、今回接種をしました。

また、ワクチンは自分自身を守るためだけではなく、社会を守るためにも必要です。
多くの人がワクチンを接種することで免疫を獲得すれば、たとえ集団の中で数人が感染しても流行拡大を阻止することができる集団免疫効果が高まります。

大事なことは、良く調べもせず噂話やデマを信じ込んで「ワクチンってなんかこわいんでしょ?」とあからさまに否定したり、逆に「ワクチン=万能。打ったらマスクいらん!」と過信したりせず、きちんとした1次情報を自ら調べ、納得した形で接種するかしないかを決められると良いかと思います。

 

彩花
彩花

上記でも書いたけど、私も私なりに調べる中で本当はmRNAワクチンを打ちたいなと思った。でもインドではその選択肢はなくて、また色々検討して私はコビシールドを選択しました。
ただしアストラ製ワクチンは変異ウイルスに対する有用性が下がるなどのデータも出てきているので、これからも色々な情報を注視して自分を守っていきたいと思います!

 

まだまだ世界中でコロナウイルスの脅威は終息していません。
皆さん引き続き感染対策をバッチリして、自分や大切な人を守っていきましょう!!

 

 

よろしければ下記クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました