インドで家探し!内見の様子や実際にあったトラブルの話

インド生活

皆さんこんにちは!

彩花
彩花

前回の記事ではインドで家探しをする際のポイントをご紹介しました。
が!偉そうにいろいろ紹介したものの実は私1回失敗しているんです…笑

今回はインドで自分の安息の家を見つけるまで50件以上の物件を見て周った私が、家を探すうえでの内見の様子や、ツッコミどころ満載のブローカーとのやり取り、実際に起こったトラブルについてご紹介します!!

 

インドでの内見の様子

家を探す時、私は現地のブローカーを使って探しました。
始めは勝手がわからなかったので、親友のインド嫁さんについてきてもらったり、インド人の友人にについてきてもらったりして物件を見まくりました。

私の物件探しに付き合ってくれたインド嫁さん

実際の内見の様子をビデオに撮っていたのでご紹介します。(手ぶれがすごいのはご容赦ください💦)

 

彩花
彩花

ちなみに昼前から物件探しをしても、1日に見られる物件は大体7-8件がMax。
日本の不動産屋さんのように容量が良くないインド人ブローカーは大体行き当たりばったりで、家の前まで行ったのに大家が不在で入れないとか、鍵がない等で待たされる時間が半端ないです💦

 

 

ブローカーがお勧めするトンチンカンな物件たち

そんなおっちょこちょいインドブローカーになぜか激推しされたツッコミどころ満載な物件たちを少しご紹介!

何かのロケ地になったという家

ちょっとわかりづらいですが戸棚に謎の絵とトロフィーがめちゃくちゃ並んでいるこの部屋…
お世辞にも綺麗ではないし、広くもないので入った瞬間からないな…と思ったのですが、ブローカーがなぜかゴリ押ししてきました。

 

インド人
インド人
ブローカー

すごいだろ!この部屋はあるドラマの撮影で使われた部屋なんだ!
かっこいいだろ!?住みたいだろ???(ドヤ顔)

彩花
彩花

‥‥。

みなさんはたとえ有名作品だったとしても何かの撮影で使われた部屋、住みたいですか?
家探しにその条件まっっったく要らない要素じゃない?!笑

 

 

壁は赤、電球は青!もはや家というより…

日本だと部屋の壁って大体白ベースが多いと思いますが、インドで物件探しをしていると壁が赤だったり青だったり紫だったりと実にカラフルなことに驚きます。

そんな中紹介されたのが壁が真っ赤、そして電灯がブルーに輝く部屋でした。

実際に私が見た家ではないですが、イメージとしては下のような感じ…。

99acresより写真を引用

インド人
インド人

どうだ!!Red WallにBlue Light!!
実にFancyだろう!(ドヤ顔)

彩花
彩花

‥‥(いや…そんな派手な配色落ち着かねーよ…。もう家というよりラブホだよ…。)

リビングのライトが3色くらいチェンジできる家もあったりしました。

そんなのいる!????笑

 

 

 

やっと気に行った家が見つかった!!しかしまさかのトラブル…

そんなヘンテコな家を見せられたり、まともな家ももちろん見たりして、やっと!とても気に入った家を1件見つけました!!

インドでは珍しい1人暮らしには最適な1BHK!
綺麗で広いキッチン!ハンドシャワーが完備されたバスルーム!ベッドルームには大きなワードローブがついてて、Panasonicのセキュリティーインターホンがついている 新 築 物 件 !!

彩花
彩花

上の写真は実際私が決めた物件です。めちゃめちゃ綺麗じゃない?
テンション上がる―⤴⤴

 

あれ・・・でも、何か気になりますね…。

そう!前回の記事を読んでくれた人ならもうお分かりですよね。

新築物件はやめた方がいいってアナタ自分で書いてたよね!!?

 

そうなんです。
この物件は新築物件で、しかもまだちゃんと出来上がってない物件だったのです。

なのでリビングやキッチンなどはちゃんと出来上がっていたのですが…
まさかの!ベッドルームの一部の壁がまだできてなかった😭

がっつり隣の部屋(サーバントルームだったらしい)と繋がったままの出来上がっていない壁…。

 

 

彩花
彩花

めちゃくちゃ気に入った💖これ完成して入居できるまでどのくらいかかる感じ?

インド人
インド人
ブローカー

大体2週間後だな!そしたら入居できるよ!

彩花
彩花

わーい!!

インドにまだ来たばかりだった私、疑うこともなくこのブローカーの言葉をすっかり鵜呑みにしてしまいました。
その後大家ともお会いし、ひとまずこの物件を仮押さえするのための一時金を払いました。

 

 

=そして2週間後=

 

彩花
彩花

ねぇねぇ。できた?入居できる??

インド人
インド人
ブローカー

どうやらちょっと工事に時間がかかっているみたいなんだ。あと2週間待ってくれないか?

彩花
彩花

ふーん。まあインドだししゃあないか。わかったー。

 

 

=そしてさらに2週間後=

 

彩花
彩花

どう?さすがにできた??

インド人
インド人
ブローカー

いや、ちょっと手間取っているみたいでまだみたいなんだ。あと必ず2週間でできると大家は言っているよ。

彩花
彩花

・・・・そっか、わかった。必ず2週間ね!?

 

 

=そしてさらにさらに2週間後=

 

 

インド人
インド人
ブローカー

いやーー。それがその。なんかまだちょっとできてないみたいで…。その。あと2週間かか‥

彩花
彩花

なんでやねん!おかしいやろ!ちょっともう自分の目で見に行く!

「2週間でできる」を繰り返すブローカーになんだかおかしいと思った私はもう直接自分の目で見に行くことにしました。

 

すると‥‥

 

衝撃の光景に目を疑いました‥‥。

 

1か月半前と1ミリも変わってねぇ!!!!

 

彩花
彩花

もうこれはあれから工事なんてしてないってことでは・・・。
なんで?!どういうこと????

 

実は私が家探しをしていた時というのがちょうど2016年の11月だったのですが、その当時のインドでは信じられない事がおこっていたのをみなさん覚えていますか?

 

💡ヒント写真💡

 

 

そう!高額紙幣廃止問題!!
2016年11月9日、インドはそれまで流通していた500ルピー札と1000ルピー札を突然廃止したのです!!

インド現地レポート 「高額紙幣の廃止」のナゼがわかる、モディ首相の戦略
11月8日夜、インド全土に衝撃が走った。モディ首相は、テレビ演説で11月9日午前零時から現行の500ルピー(約800円に相当)紙幣と1,000ルピー紙幣が無効となる旨発表。この二つの高額紙幣は、インドで発行されているすべての紙幣の合計価値の

 

インドでは建築現場で働く工夫や労働者に対しては基本現金で給与を払います。
しかし慢性的な紙幣不足なってしまったインドで、この新築物件を立てていた大家自身がキャッシュ不足になってしまっていたようで工夫たちへの支払いが止まり、当然そうなると工夫たちも仕事を放棄。
家の工事は1ミリも進まないまま放置ということだったみたいなのです…。

 

彩花
彩花

まじかよ…。まぁでもこればっかは仕方ないか…。100年に一度あるかないかの大きな変革の時に立ち会っちゃったわけだし💦
新紙幣が出回るようになればキャッシュフローは再開し工事は進むかも!!それまで待ってみよう!!

 

まだインド耐性が薄かった私。新紙幣が出回ればきっとそこから2週間で家は完成するだろうと考え、さらに待つことに決めたのです・・・。

 

しかし‥‥


実はこれが 新 築 物 件 に対する甘い考えだったということを後から知ることになるのでした…。

 

 

相変わらず2週間後にできると言われたので、2週間後にブローカーと大家に連絡。
また2週間と言われさらに2週間待った後に連絡・・・

 

そんなことを繰り返し、月日は流れ…
なんとすでにこの物件だ!と決めてから3か月がたちました🍂

 

彩花
彩花

もうさすがに新紙幣の流通も十分行われているのになんで完成しないんだ‥‥。おかしい・・・。

ついにこれは別の問題があるに違いないと思った私は、大家とブローカーを問い詰めました!

 

 

インド人
インド人
ブローカー

すまん。実は家の水道管に問題が見つかったようで、今壁を壊してその問題の解決をしているらしい。だからもうちょっと時間がかかるみたい…テヘッ

 

・・・!?

 

つまりどういうことかというと、既に壁に埋め込まれた水道管のどこかに亀裂などの問題が生じているようで、それを探し当てるために今出来上がっている壁も再度壊して、水道管を直してからまた壁を作り直すということらしいのです・・・。

 

彩花
彩花

まだできてない一部の壁が出来上がるのを3か月ずっと待っていたのに、さらにできている壁をぶっ壊してそれがまた出来上がるのを待たなきゃいけないってこと!!????

 

ムリムリムリムリ・・・。

もうそれ1年くらいかかるやつじゃない?!

無理無理無理無理無理ーーーーーー!!!!!

新築物件恐ろしや…。

 

この話を聞いた私はやっとこの物件を諦める決心がつき、そこからは必ず以前に1人以上が住んだことがある物件のみに絞って家探しを行いましたとさ。

 

 

彩花
彩花

ということで、みんなも家探しをするときは必ず出来上がっている物件にしようね!笑
次回の記事では家の契約時のポイントをご紹介しようと思います!

 

よろしければ下記クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




コメント

タイトルとURLをコピーしました